汎用性のある勉強法

Uncategorized

インプットとアウトプットのサイクル

結局これに尽きる。しかし、多くの場合はインプット9割で終わってしまっている。原則とインプットとアウトプットのサイクルの具体的な方法を説明しよう。

インプットとアウトプットの比率は3:7または2:8くらいが原則として覚えておくと学習する際に便利だ。あと、インプットとアウトプットの区別をしっかりしておくといい。

インプットとアウトプットのサイクルの具体的な方法をいくつか挙げると2つある。

1.教科書を一通り読み通す(インプット)→A4またはA3の白紙に教科書の知識をまとめる(アウトプット)

これを繰り返すことでその教科書の知識のどこが抜けているのかが明確になりやすい。それに加え、白紙に教科書の知識をまとめるというインプットのゴールがあるから何も考えずに読むよりは何倍もの効果がある。

2.授業・映像授業を受ける(インプット)→友達に発表・説明する(アウトプット)

これは実際に高校時代のテスト勉強で行っていた勉強法だ。当時は自分で気づいてなかったけど、テスト期間に友達に教えることが多かったから、自然とアウトプットできていたから机に向かって勉強している時間はほぼ0に近かったのだと思った。動画講義で勉強をするときは自分に納得がいく説明ができるようにすることを意識していた。

間隔反復(分散学習)

学習の効率と長期記憶の定着を促進するための学習法だ。この方法では、学習内容を一度に集中して繰り返し学ぶのではなく、一定の間隔をあけて反復することで情報の定着を図る。

人間の脳の記憶特性に関連しています。人間の脳は、情報を長期記憶に定着させるために、反復と復習を必要とし、分散学習では、情報を繰り返し学び直すことで、記憶の再活性化を促し、より強固な記憶を形成することができる。

具体的な例を挙げると

1.大きなトピックや教科を一度に学習するのではなく、小さな部分に分割して学習することも有効である。例えば、数学の場合、代数、幾何学、微分積分などのトピックごとに学習を分割し、それぞれに集中して学習することで、より深い理解をすることができるだろう。

2.定期的に自己テストやクイズを行うことも分散学習の一環だ。学習した内容に関する問題を自分で作成し、回答することで、復習と確認を同時に行うことができる。

分散学習は、情報を反復して復習することで記憶を強化し、効果的な学習を実現する方法だ。このような方法を取り入れることで、より効率的な学習が可能となる。

タイトルとURLをコピーしました