自分を変えた本

Uncategorized

この記事は「この本に出会えてなかったら絶対勉強嫌いが克服できてない!」と思った個人的におすすめの本を紹介しようと思います。

東大思考

https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/31db2436.48a85564.31db2437.f0307aa9/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16314044%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjEyOHgxMjgiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MSwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjAsImFtcCI6ZmFsc2V9

「東大思考」を読んで考え方や思考法を学び、それを資格勉強に応用することで合格したエピソードをお伝えします。

僕は以前、勉強が苦手であり、特に資格試験の勉強には苦労していました。しかし、「東大思考」を読んだことで、自分の学習アプローチに大きな変化が生まれました。

この本から学んだ一つの考え方は「原因思考」です。以前は、勉強の苦手意識や挫折感にとらわれていましたが、原因思考を取り入れることで、なぜ自分が勉強に苦手意識を抱いていたのかを客観的に分析し、改善策を見つけることができました。

さらに、「上流思考」と「本質思考」も重要な要素でした。上流思考を通じて、効率的な学習計画を立て、効果的な学習リソースを選ぶことができました。本質思考では、資格試験の問題の本質や出題傾向を把握し、重要なポイントに集中することができました。

これらの思考法を取り入れた結果、勉強のやり方が劇的に改善されました。時間の使い方や学習の重点を見極めることができ、効果的な学習スタイルを確立しました。

そして、最終的には資格試験に合格することができました。過去には諦めていたような難関の試験でも、効果的な学習方法を身につけることで自信を持ち、問題に取り組むことができました。

「東大思考」の考え方や思考法は、勉強嫌いや学習の苦手意識を持つ人にとって、大きな助けとなることができます。自分自身の学習スタイルや課題を客観的に見つめ、効果的な学習法を探求することで、目標の合格を達成することができるのです。

勉強が面白くなる瞬間

https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/31db2436.48a85564.31db2437.f0307aa9/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F17024554%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjEyOHgxMjgiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MSwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjAsImFtcCI6ZmFsc2V9

「勉強が面白くなる瞬間」を読んで、僕の勉強に対する姿勢が180度変わったエピソードをお伝えします。

以前は、勉強が苦手でつまらないものと感じていました。しかし、この本を読んだことで、勉強に対する新たな視点を得ることができました。

この本では、勉強の目的や意義、学びの喜びについて深く考えるよう促されます。僕は自分の興味や関心のある分野について学ぶことが好きでしたが、それ以外の教科やテーマについては敬遠していました。

しかし、「勉強が面白くなる瞬間」を読んで、勉強の幅を広げることの重要性を理解しました。新しい知識やスキルを身につけることは、自己成長や将来の可能性を広げるために必要なことだと感じました。

さらに、本書では勉強の方法やアプローチについても詳しく説明されています。効果的な学習スタイルやモチベーションの維持方法など、具体的なヒントやアイデアが提供されています。

これらの考え方やアドバイスを実践することで、私の勉強に対する姿勢が一変しました。勉強はただ知識を詰め込む作業ではなく、自分自身の成長や好奇心の満足を追求するための冒険だという気持ちが芽生えました。

それ以来、勉強は面白くてやりがいのある活動として捉えるようになりました。新しいトピックや難しい問題にも積極的に取り組み、自分自身の能力や知識を向上させることに喜びを感じるようになりました。

「勉強が面白くなる瞬間」は、勉強に対する新たな視点を与え、やる気や興味を引き出す力があります。自分自身の成長や学びの喜びを追求するために、この本を読んでみることをおすすめします。

独学大全

独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法
読書猿 | 2020年09月30日頃発売 | 本書は正体不明、博覧強記の読書家であり、独学の達人である読書猿が書いた「勉強法の百科事典」です。ギリシア哲学から最新の論文まで、あらゆる「知の先人」から学んだ内容を、著者独自の視点で55の技法にまとめました。本の読み方、挫折の乗り越え方、時間の作り方…勉強はこの1冊でOK!...

僕はずっと自己学習に興味を持っていましたが、独学の始め方についてはいつも迷っていました。どの分野から始めればいいのか、どのように学べば効果的なのか、頭の中は迷いと不安でいっぱいでした。

ある日、本屋で「独学大全」という本を見つけました。この本は、独学の方法やコツについて詳しく解説されていると聞き、すぐに借りて帰りました。

本を開いてみると、まず最初に自己学習のメリットや心構えについて書かれていました。自分の学びたい分野や目標を明確にし、モチベーションを高めることの重要性が説かれていました。それを読んで、自分の興味ややりたいことを整理することが大切だと気づきました。

次に、具体的な学習方法やリソースの活用法が紹介されていました。自己学習のためのオンラインコースやウェブサイト、参考書、動画など、多くの情報源が紹介されていました。さらに、学習計画の立て方や効果的なノートの取り方についても解説されていました。

本を読み進めるうちに、自己学習のスキルを身につけるためには、まずは小さなステップから始めることが大切だと気づきました。興味のある分野の基礎知識を学ぶことや、専門家のインタビューを聞くことから始めるといいと書かれていました。

この本を読んで、僕の悩みは一気に解決されました。独学の始め方や進め方が具体的に示されていたおかげで、自信を持って学習を始めることができるようになりました。

その後、私は興味のある分野から少しずつ学び始めました。自己学習の効果を実感しながら、学習の幅を広げていくことができました。独学の楽しさや自己成長の喜びを味わいながら、自分自身を成長させることができました。

タイトルとURLをコピーしました